読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

コーヒーを飲むとなぜ眠くなくなるのか

こんばんは。毎日コーヒーを飲まれるコーヒー中毒の方居ますよね?私もその仲間の一人なのですが、コーヒーを飲むのは、便通が良くなる、目がさえる、やる気がわいてくる気がする等の効用があると思っているからです(あるいは感じているから)です。

今日はコーヒーを飲むとなぜ眠くなくなるのか、ということについて考えていきたいと思います。というよりも、調べていきたいと思っています。

さて、コーヒーを飲むと眠くなくなるのはなぜか、とまちなかで聞けば誰しもがカフェインが入っているからと答えると思います。もちろんその通りなのでしょう。

カフェインが入っているとなぜ眠くなくなるのか。

それについてはまず、調べるに際しての順序として
①眠くなる理由を知る
②カフェインには眠くなる理由を妨害する、または眠くならない理由を増強する作用がある
③したがってカフェインを摂取すると眠くなくなる(覚醒する)
という形で文章を起こします。

①眠くなる理由について
眠くなる理由(原因)は大きく分けて2つあるようです。
1.起きている間の疲労蓄積による睡眠欲求の影響
2.一日の間に変化する覚醒力の影響

つまり、1.眠くなる力と2.起きる力が相互に作用しあって、1.眠くなる力が相対的に強まり、2.起きる力が相対的に弱まった時に眠くなり、逆に1.眠くなる力が相対的に弱まり、2.起きる力が相対的に強まった時に覚醒するということのようです。



②カフェインの作用について
眠くなる理由は2つあることがわかりました。ではカフェインはどちらの効果を抑制するあるいは増強するのでしょうか。これについてはカフェインにはアデノシン受容体というものにくっつきアデノシンの働きを妨害します。アデノシンの効用には睡眠を誘発する効果があります。

③これでどちらかわかりましたよね。つまり、カフェインは眠くなる力を抑え込むため、カフェインを飲んだ人は眠くなくなるということです。