読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

簿記2級

こんばんは。

雨の影響か、だんだん機構が涼しくなってきましたね。

だんだん寒くなってくる時期には思い出すことがあります。

私は大学時代に部活をやっていたのですが、ある理由で途中退部しました。

ある理由というのが会計士の試験に受かるためというものでした。
もちろん、朝早く起きることが嫌だったということも理由の一つですが笑。


今となっては会計士の資格にあまり興味はないのですが、当時は本当に真剣だったような気がします。

図書館にこもり勉強し、大学の授業を受けて家に帰っても勉強しという日々を繰り返し、バイトは短期のバイトか短い時間で入れるバイトしかしていませんでした。

今大学生に戻るなら間違いなく当時のような生活はしないでしょう。もっと違うことを体験したり学んだりするはずです。もっとも、違うことを学んだとしてもさらに違うことを学びたくなると思うので結局満足することはないのだろうと思います。

会計士の資格を着手するにあたって一番最初の目標が簿記2級合格でした。1年生の10月ごろに部活を引退し勉強をし始め、11月の試験を受けました。

少し遠いところで試験があり自転車で会場まで行ったのですが、途中でチェーンが10回ほど外れたのは今でも覚えています。あの時は部活を身勝手に辞めた自分に天罰でも下ったのかと思いました。

もう冬に差し掛かっているのに汗だくで息を切らしながら試験を受けました。結果は合格でした。俺には才能がある、と思った瞬間でした。

問題集はすっきりわかる簿記2級というTACの問題集を使っていました。試験で出るポイントが簡潔に整理されている参考書・問題集一体型のテキストでとても使い勝手が良かったです。


それから翌年の6月に簿記1級を受け合格、会計士の一次試験には大学4年生の冬にやっと合格しました。

会計の仕事とは別に就職自体は決まっていたので内定をいただいていた企業に就職しました。
今では普通の企業に就職し、あくせく働いています。働き始めてから、あるいは色々な上司や同僚、後輩、顧客の方々にあってから考えは変わり、今は文章を書くトレーニングをしています。

このブログもその一環です。

とりとめのない文章ばかり書いていますが、まずは量からだと思っているので量を書きつつ質を目指したいと思っています。簿記や会計についてもある程度は知識があるので、簿記・会計にまつわる記事も書いていきたいと思いっています。これからもよろしくお願いします。


今日はここらへんで。
ではでは。