読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

住信SBIネット銀行の顧客優遇体系が変化する件について

投資

私が愛用している、住信SBIネット銀行にてスマートプログラム(仮称)というものが平成28年1月からスタートするようです。

 

大きく分けて2つの優遇体系ができるようです。

 

1つ目がポイント制度を導入。2つ目がランク制度の導入です。

 

 

 

ポイント制度の導入

 

ポイントの獲得方法は3つあります。

 

1.デビットカードの使用に応じたポイント

これがポイント制度導入の目玉でしょう。

住信SBIネット銀行は平成28年1月にVisa payWave機能搭載デビットカードを導入する予定です。日本初のタッチで決済ができるデビットカードです。

Visa payWave機能とはSuicaのようなものですが、チャージが不要(あえていうなら口座残高がチャージ残高のようなもの)なので、チャージの手間が省くことができます。ただし、使えるところが限られてくるのが弱点です。平成28年1月以降は、住信SBIネット銀行はすべての新規口座に導入予定であり、既に口座を持っている顧客でも切り替えは無料です。このデビットカードを武器に、顧客の数を増やす戦略なのでしょう。

 

 

2.ランクに応じたポイント(後述のランク制度のランク4で月50ポイント)

ちなみに1ポイントが1円なので、50円ということになります。

これは微妙ですね。

 

3.キャンペーンのポイント

外貨預金の口座開設、カードローンの契約等、住信SBI銀行の機能を幅広く利用してもらうために様々なキャンペーンをやっています。そのキャンペーンに応募することにより、ポイントが付くということでしょう。どの程度のポイントが付くのかわかりませんが、継続的にポイントが入ってくるわけではないので、あったらいいなと思える程度のポイントでしょう。

 

 

ランク制度の導入


銀行機能の利用状況に応じて4ランクあり、ランクに応じて1月の預金の引出し・振込手数料が無料になる回数が変化します。優遇については以下の通りとなっています(住信SBIネット銀行-お知らせ-「スマートプログラム(仮称)」の開始のお知らせより抜粋)

 

(ランクに応じた優遇体系)

 

 

 

(ランク決定方法)




ランク3以上はなかなかよさげですね。逆に、ランク2以下だと現在の体系よりもメリットが無くなります。ちなみに私はランク3に該当し、SBIカードのレギュラーを保有しているので、ランク4になりますね。振込月15回無料です。そんなに振込みしませんけどね。


ちなみに今の引出し料金はイオン銀行、セブン銀行、ビューアルッテではお引出し何回でも無料。ゆうちょ銀行、イーネット、ローソンATMでは5回まで無料。6回目からは108円手数料がかかります。

振込料金は、月3回まで無料。4回目からは154円となっています。

 

ランク3以上となるとある程度銀行の機能を使っている人か、先日子会社化したSBIカードの保有者となるため、銀行にとってメリットをもたらす人を餞別して優遇する意味でなかなかいい施策だと思います。口座だけ開設して平均的な残高が10万円ぐらいしか入れてない人を考えると、口座開設に際しての諸経費や口座維持管理費用のほうが掛かってしまう場合がありますからね。

 

 

感想

個人的な感想としては、なかなかいい優遇体系かなと思います。

ただ、デビットカードではなく、クレジットカード(キャッシュカード一体型)も発行してもらえないものなのでしょうか。ライセンス料等が嵩むからデビットカードのみにしたのでしょうかね。今後の導入を検討してもらいたいところです。