はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

海辺のカフカ

村上春樹の作品です。

初めて読みました。

カフカという少年は、15歳になった年に旅に出ます。父親からの呪いの予言"お前は、いつかその手で父を殺し、母と姉と交わるようになる"から逃れるために。

 


小説の内容は、いたってシンプル。
主要な登場人物としては少年、ナカタさん、少年とナカタさんを補助する役割の人数名。少年は東京の中野区に住んでいて、父の呪いから逃れるために四国へ旅立つ。ナカタさんもなぜか四国へ旅立つ。おそらくはそこにあるであろうはじまりの石を見つけ、扉を開け閉めするために。

物語では、基本的にはその二人の行動や思想の描写をしています。その間に、ナカタさんの頭が悪くなったエピソード(山梨県集団昏迷事件)や恋人を暴力により失った未亡人の顛末を付け加えるような具合で物語が進んでいました。結論としては、カフカは中野区に戻り学校に通い、ナカタさんは役割を終えるようにして死にました。父の呪いは現実のものとなりました。あるいはメタファーとしてか直接的になのかどうかは定かではありませんが。

読む人が読めば多重人格者の殺人事件としてもとれるようなのですが、私としては単なるファンタジーのように感じてしまいました。

正直なところ「わけがわからん」といった感じです。何回か読むとまた変わってくるかもしれません。死ぬまでにはもう一度読んでみたいです。ある本を読んで感想を持った後、人生の中で体験を積み成長をするとその本の持つ意味が変わってくるといいますし、これからの成長のメルクマールになるかもしれません。