はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

一般媒介 専任媒介 専属媒介 (宅建の試験勉強やってます・・・)

宅建宅建たっけんた・・・

宅建の勉強をしています。

この前宅建の受験票が届いたので、大慌てでといった有様です。

 

 

3種類の媒介取引

宅建の試験に関連した事柄なのですが、不動産を売却する際に媒介契約を不動産業者と結びますよね。その媒介契約には種類があります。一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3つです。

 

それぞれに特色があり、不動産を売却するには使い勝手の良いものを選びたいですよね。

次の表をご覧ください。 

 

f:id:yasokfw:20151003225426p:plain

 

一般媒介、専任媒介、専属専任媒介には上記のような違いがあります。

大まかにみてみると、一般媒介は売主に規制が少ない代わりに宅建業者にも規制が少なく、専任媒介、専属専任媒介となるにしたがって、どちらの規制も大きくなってきます。

上記の表のうち、売主の皆さまに対する規制としては、他の業者に依頼できるか、自己発見取引ができるかの2つです。

 

 

他の業者に依頼できるかとは

そのまんまの意味です。媒介取引を契約した業者以外の業者と媒介取引が締結できるかという意味です。

つまり、一般媒介では媒介取引を複数の業者と締結できるのに対し、専任媒介、専任専属媒介では、1社とだけ締結することができるのです。逆にいえば、複数の業者とは媒介契約を結ぶことができないのです。

 

 

自己発見取引とは

自己発見取引とは、自らが買主を捜し売買契約を結ぶことです。これを一般媒介と専任媒介ではすることができますが、専属専任媒介の場合は禁止されています。

 

 

どの取引がいいのか

一般媒介

一般媒介のメリット

いつでも解約ができる

解約は電話一本でできる

自分で購入者を見つけた時は媒介契約にかかわらず、直接売買取引を締結することができる

一般媒介のデメリット

他の不動産会社への媒介依頼が可能なため、販売に力が入らない可能性がある

業務処理状況の報告がない可能性がある

広告の作成がなされない可能背がある

レインズへの登録されない可能性がある

 

専任媒介

専任媒介のメリット

業務処理状況の報告がある

レインズに登録されるので買いが入りやすい

他の不動産会社への媒介が不可能なため、販売に力が入る

自分で購入者を見つけた時は媒介契約にかかわらず、直接売買取引を締結することができる

専任媒介のデメリット

すぐには解約をすることができない場合がある

中途解約する場合、途中までかかった費用の請求を受ける場合がある

 

専属専任媒介

専属専任媒介のメリット

業務処理状況の報告がある

レインズに登録されるので買いが入りやすい

他の不動産会社への媒介が不可能なため、販売に力が入る

 

専属専任媒介のデメリット

 すぐには解約をすることができない場合がある

 自分で購入者を見つけた場合でも、直接売買取引をすることができない

 中途解約する場合、途中までかかった費用の請求を受ける場合がある

 

取引の形態に応じて自分で決めてね

色々なメリットがありますね。例えば、自分で購入者を探せて契約まで持ち込むことができるのであれば、専属専任媒介契約を結ばないほうがよさそうです。また、一刻も早く売りたいし、業者にも頻繁な報告をもとめるのであれば、専属専任媒介契約を結んだほうが良いでしょう。

自分の目的と照らし合わせて、3種類の媒介契約を選びましょう。

宅建、合格できるよう頑張ります。