読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

誰かがいる? ~大学生時代の体験~

こんばんは。

いい初夢みれましたか?

私は具体的には思い出せないのですが、危機的状況にもかかわらず気持ちはワクワクしていて心地良い感覚が残る夢を見ました。多分モンハンですごい強い敵に立ち向かうみたいな夢だったんだと思います。
・・・モンハンのやりすぎですね。


ピンチはチャンスというお告げだと思い、今年一年がんばっていきます。


さて、仕事がなく時間に余裕があると思い出すことがあります。
昔話になるのですが、大学生時代に自宅で金縛りにあったことがあります。夢なのかもしれませんし、一度だけなのですが、衝撃的な体験でした。

夏の朝方、段々と日が昇って暑くなるぐらいの時間(確か十時頃)に、前日少し夜更かしをしていた私はすやすやと眠っていました(がーがーであったりぐーぐーかもしれないですがそこは眠っていたのでわかりません)。誰かがベッドの横のフローリングの上を移動している足音がしました。

ん?と思いました。大学生時代の私は一人暮らしですし、カギを誰かに預けているということもないので寝ているときに誰かが部屋にはいってくることはないからです。

まずい、強盗か?と思って急遽目を開けて体を起こそうとするとなぜか目は開いて横目に誰かがベッドの横をゆっくりと移動しているのはわかるのですが、体が全く動かない。

あ、これ金縛りかと思って怖くなり冷や汗がでてきました。ただ、このままでもいかんなと思って抜け出すぞお!と意気込んで脳みそから筋肉に命令を出すのですが全く言うことを聞かない、動かない。

そうこうしているうちに、ベッドの横にいた誰かは台所の方へ行きしばらくしたら金縛りもとけ、あとには暑いのに冷や汗で汗だくになった私だけが取り残されていました(実話)。

金縛りは脳みそだけ起きて体が起きていない、レム睡眠時に起きることだといわれています。私の奴もたぶんそれだと思うのですが、実際になると怖いものです。

自分の意思でなんとかできないものが怖いんでしょうね。もう20代後半なのですが、まだまだ怖いものだらけです。怖いものを一つずつ潰していけるような一年にしたいとおもいます。

それでは今回はこの辺で。