読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

私が思うブラック企業 ~ブラックな部分だけではブラック企業にならない?~

考えたこと

こんばんは。

新年あけてから一週目の仕事はなかなかにだるいですね。たとえるなら眠い授業をひたすら寝ずに堪えている状態を延々と耐えているような感覚です。
 
 
働かなくてもお金が働いているときと同じ額はいるとすれば、仕事を辞められれば辞めたいという方は結構多いのではないでしょうか。というか日本人の99パーセントぐらいはそんな感じじゃないですか?
 
つまんない仕事を金のために続ける。
その意味ではだいたいの仕事は意味ブラックだと私は思うのですが、どうなんでしょう?
 
 
そんなこんなで今日もやる気のない記事になってしまいますが、ブラック企業について考えていきたいと思います。
 

ブラック企業の定義は?

ブラック企業のきっちりした定義はないようです。人によってブラックと思うか思わないかは変わりますからね。
ただ、ブラック企業といわれる会社の一定の傾向というか特徴をまとめると次のようになります。
・意に反する長時間労働
・サービス残業
・パワハラ・セクハラ等ハラスメントの横行
・大量採用・大量退職
こんなものでしょうか。うつ状態になって自殺まで追い込まれたとなるとブラック企業大賞にノミネートされるレベルのブラック企業として認定されます。
 
 
要するに
 
1.過度な暴言を吐いたり、その人にできもしない仕事をさせ精神的に疲弊させる企業風土
2.仕事に対し適当な対価を与えない企業
3.成果を出さない者に指導などせず切り捨てる企業
 
がブラック企業と呼ばれるようです。
ん~まあそうなんだろうけど、そんな企業すぐやめちゃえばいいのにね、と思ってしまいます。本当にブラックな会社はアメとムチを両方使い、従業員(奴隷)を逃げ出さないようにしている企業なのではないかと思います。ブラックな部分だけ焦点を当てても、そんなの私だったら腹立って連絡途絶えて消え失せて終わりです。会社には迷惑かけれないという気持ちにもなりませんしね。
 

所感

私が勤めている企業はブラック企業にはほぼ該当していないと思いますが、日々仕事に追われ、プレッシャーの中で疲弊しています。やりたくないし嫌だなあと思う仕事も多々あります。でも業績のためにはやらないといけないのでやります。なぜなら会社は営利企業であり利益を上げる義務があり、私も趣味で仕事をしているわけではなく、会社から給料をもらい利益を上げるために働かなければならないからです・・・。でも上司や会社が社会人として育ててくれたという恩義もあるしなかなかやめられない。はあぁ・・・つらいという状況です。これは私が解決するしかない問題ですが、とにかく今は独立できるだけの技量を磨いていくしかないですね。