読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

ゆうちょ銀行が不動産投資部門を新設するらしい

考えたこと

ゆうちょ銀行がREIT投信に投資を始めるらしいです。

よく言うとまさに時流に乗った戦略。悪く言うと高値掴みしそうな戦略ですね。

 

マイナス金利が進んだおかげ(?)で債権の価格が上昇し、債券投資の魅力が薄れてきていることが背景にあるようです。不動産の価格もアベノミクスのおかげか、だいぶ上昇していますけどね。これに追い打ちをかけ、マイナス金利も発動されたので不動産市場はバブルが発生しています。

 

マイナス金利が進むと、不動産市場が活性化します。なぜなら不動産市場のほとんどは金融機関の融資によって成り立っているから。

 

マイナス金利が進むと、金融機関の融資の金利も連動して下がってきます。そうすると不動産購入する人の採算のとれる購入金額が上がり、今までは買われなかった若干高い不動産も興味を持たれるようになります。中古の場合も新築の場合もそうですね。

 

すると不動産の市場としては大きくなるんですが、不動産の賃料を見ていった場合どうでしょうか?不動産の流通量があがるということは賃借人の選べる範囲が広がり、結局より立地が良くより賃料が安い、コスパの良い物件が選ばれるんじゃないでしょうか。そうすると、賃貸物件の値下げ競争が始まりますよね。つまり、マイナス金利が適用されるということは賃料の下落リスクも高まるということを意味しています。最終的には不動産を購入すること自体にうま味が無くなっていきます。

 

一定のリスクを取らなければ稼ぐことのできない時代に突入してしまっていますね。でも、いま不動産への投資をすること自体大丈夫か、と思われます(これから人口が増える地域以外)。要注目ですね。