読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

社会人になってから遭遇した変な人

こんばんは。

 

大学を卒業され、会社に入社された方も独立された方も、もう社会人ですね。社会人になると大学のころよりも身近な人ではない外部の人に接する機会が多くなる人が大半だと思います。

 

私も例外ではなく、学生時代は身近な友達や家族としか接していなかったのですが、外部の他人と接する機会が増えました。

外部の人間と接するようになると良いか悪いかは別として、価値観というかもはや自分の常識の範囲外のことが日常になってきます。

とっておきの二つをご紹介しましょう。

 

 

 

①座らせまい、この席だけは死守する!

会社帰りの通勤電車の中。あーつかれた。すわりてえ。と思っていたらなぜか満員電車なのに一席だけ空いている席が。ラッキーとおもいつつ座ろうとすると・・・・

 

ものすっごい勢いで隣に座っていたおっさんが私の座ろうとしているところに詰めてくる。

顔は下を向きつつ、足を使いお尻を少し浮かせて猛スピードで詰めてくる。

 

 

えっ?驚きおっさんの方を向くと目線は座っている自分の足元に。それ以外リアクションなし。

 

もちろんびびって逃げました。あのおっんは席の守護神だったのでしょうか。

 

 

②だめだ!ここでするしかない!!!!

 これも会社帰り。

地下鉄で帰ろうとしていると、前方におっさんが。

なにやら動きが怪しい、というより通常の三倍ぐらいのはやさでなにやら怪しい動きをしている。

 

怪しいなーと思って近づかないようにあるいて脇を通り過ぎました。

 

すると背後から勢いよく、「ジョジョジョジョジョ、ピチピチピチピチ!!!!」という大雨の時のような音が。振り返るとおっさんが・・・やっていました。

 

しかも長い。一分ぐらいやっていました。私はそれを歩きながら凝視していました。

 

おっさんは晴れやかな顔をしてすごく気持ちよさそうでした。