はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

以前書いたESをつらつらとコピペしていく①(日本政策金融公庫・農林水産事業)

昔のフォルダをあさっていたら、以前就職活動中にESとして提出した(?)または面接で受け答えするために作成したファイルが見つかったのでオープンします。ご参考になればと思います。昔から自然が好きな子供だったので、農林水産事業部門にエントリーしました。この会社は就活生に対しかなり優しく、行くたびに交通費を支給してもらえました。遠方から面接に行く方にとって交通費支給はかなりありがたいですよね。私も大変助かりました。

 

 

 

(日本政策金融公庫・農林水産事業)

志望動機

日本の食を支えていきたいと思ったため志望しました。

農業は生活必需品なので必要が無くなる事はありません。近年突発的な食糧高騰と趨勢的な食糧高騰が重なり、国民から不安が出てきている事かと思います。実際私もどうなることなのか、と心配になりました。食糧危機に備えるためには、食糧自給率の向上や食糧の備蓄の必要があると思います。

御社は政府系の金融機関として利益のためだけではなく社会の発展を考慮に入れ、日本の食をトータルサポートすることができます。そのことによって、日本国民の安心・健康を支えていきたいと考えています。

 

なぜ農林水産業?

自然の事を考えると、ワクワクするからです。私が影響を受けた高校の部活顧問の方が「自分の鳥肌を信じろ」と、いつもおっしゃっていました。仕事においてもワクワクしながら仕事がしたいと感じているため、農林水産業に関わることのできる仕事がしたいと考えています。

 

なぜ金融?やりたいこと

日本の農業というのは国からの補助金で成り立っている面もあると思います。国からの補助金ということは、国民が払った税金で農業がなりたっているということです。ですから、農業に近い方々や、あるいは農家の方々が国民の皆様方に日本における農業の役割、なくてはならないものであると説明する責任があると思います。ですから、私は御庫に入行することができたら、国民の皆様方に農業の役割というものを分かってもらうための取り組みをしたいと思っています。