読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

Suicaを使える店がもっと多くなってほしい

考えたこと

2014年、英国では電子決済が現金決済の総額を初めて超えたみたいですね。

 

jp.sputniknews.com

 

 

電子決済というと、電子マネーのSuicaなどが思い浮かびますが、マスターカードの幹部がこのコメントを残しているというのは、電子決済の中にはクレジットカードでの決済も入っており、現金決済は厳密にその場で現金を受け渡しする決済方法という意味なのでしょう。

そう考えると日本でもそのぐらいありそうな気がしますが・・・。ちなみに私は8割以上電子決済(クレジット・Suica等)です。ポイントもたまるし、利子を払わずに実質的にお金を借りることができるシステムを利用しない手はないです。

 

私もおサイフケータイにモバイルSuicaを常備しています。Suicaは駅で、コンビニで、松屋で、近頃はスーパーでも使えるようになってきてしますよね。モバイルSuicaやクレジットカードを使っていると現金を財布から出さなくても済むため、お金の大切さ・貴重さが薄らいできて、使いすぎちゃうんですよね。たぶん私だけではないのではないでしょうか。

そのため、電子決済の割合が大きくなるにつれて消費も増えてくるのではないかという期待がもてます。また、最近では現金が使えない自動販売機とか出てきていますよね。そのうち実店舗でもそういうことになるんじゃないかと思います。現金を管理するのって結構気を使いますから、現金を取り除くだけでコスト削減になりますからね。

 

つらつらと記載しましたが、Suicaで決済できるところがもっと広がってほしいですね。少額だとクレジットカードで決済しづらいし面倒くさいので、電子マネーは少額のお金が動くところでかなり活躍できるはずです。Suicaかんばれ!