読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

東京防災をAmazon Kindle Paperwhiteにダウンロードした

こんにちは。

 

また、地震があったみたいですね…。恐ろしいです。

 

今回の地震で東京に地震を起こす可能性があるプレートが刺激を受け、数日後数週間後に東京で大地震が起きるという可能性も否定できません。

 

東京で大地震が起こるとかなりの被害が出る予想みたいです。

 2004年に出された報告によると、首都圏直下型地震(M7以上のもの)は30年以内に70%の確率で起こるといわれています。30年以内に70%ということであれば今から30年以内だと、もう少し確率としては上昇しているのではないかと思います。被害の想定上限は、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)で死者2万3千人、全壊・消失する建物61万棟というかなりの大規模なものです。

首都及びその周辺地域で発生した過去の地震の履歴から、元禄関地震及び大正関東地 震の発生前にはM7 クラスの地震が複数回発生していることが知られている。元禄関東 地震と大正関東地震の間を見ると、元禄関東地震の後 70~80 年間は比較的静穏で、そ の後M7前後の地震が複数回発生する等、比較的活発な時期を経て大正関東地震が発生 している。 大正関東地震から現在までの約 90 年間の地震活動は比較的静穏に経過しており、今 後、次の関東地震の発生前までの期間に、M7クラスの地震が複数回発生することが想 定される。 なお、文部科学省地震調査研究推進本部地震調査委員会(以下、「地震調査委員会」 という。)(2004)によると、南関東地域でM7クラスの地震が発生する確率は 30 年間 で 70 パーセントと推定されている。

 

首都直下地震の被害想定と対策について (最終報告)

平成 25 年 12 月 中央防災会議 首都直下地震対策検討ワーキンググループ

より抜粋http://www.bousai.go.jp/jishin/syuto/taisaku_wg/pdf/syuto_wg_report.pdf

 

 

昨年、東京都民には東京防災という防災に備えた本が配布されました。地震に備える方法、地震が起こった際・起こった後に行うこと等、困ったときにQ&A方式で見ることのできる分かりやすい本です。

www.bousai.metro.tokyo.jp

アマゾンで無料DLできるみたいだったので、念のためAmazon Kindle Paperwhiteにダウンロードしました。持ち運びがしやすく、とっさの時に持ち出せますからね。

 

地震というのは必ず起こるものですから、日々意識的に防災のことを考えておかなければなりませんね。