読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

家の鍵を仕事場に忘れて家に入れなくなった話(鍵を無くした・置き忘れた人必見)

こんばんは。

 

先日、仕事帰りにあまりに急いでいたため、仕事場にカバン事置き忘れてしまいました。

不幸なことに、カバンの中に家の鍵が入っていたのでその日は普通に鍵を開けて家に入れなくなってしまいました。時間は22時。開かない扉の前でおっさんが絶望に打ちひしがれていました。

 

 

コンビニで買ってきたウニクリームソースパスタを食らいつつ、明日も仕事があるんだけどなあ・・・と思いながらどうしたもんかと考えていました。

 

 

スマホで検索をして良い解決策を探してみましたが、以下に記載している4つが妥当な解決策(?)だったのでどれにしようか小一時間悩んでいました。

 

①となりの家の人にお願いして、ベランダ伝いで家の中に入る

②鍵屋を呼んで鍵を開けてもらう

③ホテルへ行く

④全てをあきらめる

 

極力お金を使いたくないため、①、③、④も考えたのですが、

 

①「となりの家の人にお願いして、ベランダ伝いで家の中に入る」

1.隣の人と全く親しくないし

2.危ないし

3.ベランダ伝いで家に行けた場合となりの人にかなり警戒されるし

4.逆に隣の人がベランダ伝いでこっちに来るハードルが下がるのではないかという謎の危機感から

私の頭の中のケシゴムにより消去されました。

 

③「ホテルへ行く」、④「全てをあきらめる」は、翌日仕事があるのでさすがに着替えなければならないので却下。

 

結局②「鍵屋を呼んで鍵を開けてもらう」にしました。

 

いくつかの鍵業者に電話をして、あいみつを取ってもらい、一番安かった、日本ロックに対応をお願いしました。費用は9,800円。

www.nihonlock.jp

 

 

電話をかけて、担当者から折り返し電話をもらうことに。

 

2~3分ほどで担当者から電話を受けました。鍵の形状とドアについているのぞき穴等の情報から見積もりを出してもらいました。

他の業者は1万2千円~5千円ぐらいだったのに対し、1万円以下を提示してもらったのでお願いしますと即決。

 

それから待つこと30分ほどで、再度携帯電話に着信がありました。家の前にあと少しで到着しそうだとのこと。出迎えるために家の前で待機。

 

出迎えて早速ドアのカギを開けてもらうことに。ペンチを取り出し、のぞき穴を外す作業からスタートしました。

のぞき穴がはずれたら、そこから器具をいれて、サムターン回しをしてもらう。器具を入れて内部の様子をビデオカメラで映して作業する。さながら外科手術のような光景を目の前にして、開錠ってこんなハイテクなんやなあ・・・と驚きました。

のぞき穴を外すのに5分程度。器具をのぞき穴からいれて1分ほどで作業終了。あっという間でした。

 

家に入れて一安心。ただ、一つ気にかかっていたことを調べるために契約書類をまとめている引出しをチェック。

すると一枚のパンフレットが。

 

f:id:yasokfw:20160423213140j:plain

 

年2回まで鍵の開錠無料・・・・だと・・・・・・。

賃貸の契約時に保険に入っており、家財保険と一緒についてくる鍵のトラブルに対しても保険をかけていたのでした。つまり、無料で鍵の開錠ができたはずなんです・・・。

 

もう少し自分の契約した保険契約を把握しておくべきでした。

はあ・・・。これで牛丼20杯は食べれたはずなのに・・・。

 

 

・・・私のようにならないために最大限保険契約を活用できるよう、自分が入っている保険の内容をチェックしておきましょうね!