読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

以前書いたESをつらつらとコピペしていく⑥( JA全中)

その他

(1)本会へ就職を志望するにいたった動機と本会で実現したいことをご記入ください。(800字以上、1000字以内) (必須)

 

大学のサークルでTPPの事について調べ、JAのことを調べている際に貴会の存在・役割を知ることができ興味を持ちました。就職活動が始まり、自分は何がしたいのか、と考えました。何か人の役に立つことがしたいというのが私の考えです。どんな仕事でも人の役に立っているということを色々な説明会で伺いました。したがって、社会貢献という軸はあまり理由になっていないということも言われました。確かにそうかもしれません。しかし、私は人に役に立つという事にもレベルというものがあると思います。特に、人々の生活に無くてはならない物事こそが高いレベルで人の役に立っているのではないか、と私は思います。そこで、人には無くてはならない物事である農業、日本の食を支える一端を担えたらと思い、貴社を志望しました。
入会後に取り組みたいことは、日本の食の発展のために尽力することです。現在、日本は毎日消費される食糧の10%ほどが廃棄されているそうです。現状だけを見れば日本の食糧事情は満足のいくものだと思います。しかし、ついこの前、世界人口は70億人を超え、新興国の工業化が進んでいます。そして、従来の石油の代替品として、エネルギー源として農作物から作り出されたバイオエタノール等が使われるようになってきています。更に言うと世界各地で水資源が枯渇し始めています。このような状況下で、趨勢的に食糧自給が逼迫し、食糧の価格高騰がしていくことや、一時的にではあると思いますが、食糧不足なども起きる心配をしなければならないと思います。
日本はもともと水資源に恵まれていたり、土地が肥沃であったりするため、農業にとってはとても都合のよい自然環境なのではないかと思います。しかし、土地・人件費・高齢化などの問題で農業が成り立たなくなってきているようです。漸進的にその問題を解決したいと思います。そのために、最初に、農家の方々から様々な情報を頂き、情報を整理します。次に、日本の農業が本当に強くなるように、農業はどんな方向に進んでいけばいいのかということを考えます。最後に、政府にそのための支援を求め、グループ各社と連携を取り、農家の方々のために支援していきたいと考えています。
つきましては、私は貴会で日本の食を支えていきたいと考えています。