読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

シャープについて(簡単な株価分析)

会社分析

鴻海のシャープ買収につちえ中国当局の承認が下りたようですね。

www.nikkei.com

 

さて今後のシャープの株価がどのように推移していくか本当に簡単に考えてみましょう。

 

現在シャープの株に関連する主要な情報は以下の通りです。

普通株式:1,701百万株

株価:89円

3月末時点での純資産:▲31,211百万円

2007年から見た最大の純利益額:101,922百万円(2008年)

 

 

 

 鴻海が再建を担うからといってすぐにシャープの業績が良くなるとは限りません。しかし、来期以降には黒字化(収支トントン)、5年後に2007年の水準にまで持ち直すとすると、5年後には70,711百万円(101,922-31,211)の利益が株主の利益となるわけです。それ以降は101,922百万円の利益。

 

5年後には、70,711百万円÷1,701百万株=41.5円。

6年後以降は101,922百万円÷1,701百万株=59.9円。

の利益が一株当たりの利益となるわけです。

 

これは、夢物語ですが、もしそのようになった場合、取得原価当たりの利益は5年後46%、6年後以降67%とかなりのハイリターンになります。

 

PERが20倍で収まるとすると、株価は20×59.9円=1,198円のとなります。

 

株価13倍ですね。

 

今のうちに買っておくのもありかもしれません。ただしやはりハイリスクであるため、十分に注意したうえで有り金を全部はたくのではなく、全額すっても許容範囲であるぐらいの金額を買うのがおススメです。