読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

東芝の株価はどうなるか テクニカル分析で見てみる

こんばんは。

 

昨日は東芝の改善状況報告書を見てみましたが、大方体制については改善が進んでいるようです。会社としての存続の危機は問題なさそうですね。さて、そうなると気になってくるのが、投資対象としての東芝なのですが、今後の株価はどうなっていくのでしょうか。

 

正直、財務分析やファンダメンタル分析をしてもすでにそれは織り込まれていてどうも情報が出てから行動してもそこまで意味がないように思えます。

 

長期的にこういうことをやっている企業が儲かりそうだ、とか相対的に割安だからこの株を買おうとか、そういう感じであれば成功するかもしれませんが、現時点での確定的な情報を用いて投資したい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

それにこたえるのがテクニカル分析です。

 

100発100中といった類の分析手法ではないのですが、チャートの形等を見て、投資対象を決めるという手法です。

 

最近少し本を読んで勉強したのでここで少し東芝のチャートについて見ていきましょう。

www.yaso.club

 

www.yaso.club

 

 

まずは3種類のチャートをご覧ください。

少し見づらいかもしれませんが、すべて東芝のチャートです。

6か月・1年・5年のチャートを引っ張り出してきました。

6か月と1年は日足表示、5年のチャートは月足表示です。

細い線はオレンジが200日移動平均線、群青色が75日移動平均線、黄緑が25日移動平均線です。

 

(6か月・日足)

f:id:yasokfw:20160819214507p:plain

こちらのチャートでは直近で黄緑の25日移動平均線が水平または上向きかけているときに、ローソク足が 25日移動平均線を上に突き抜けているので、グランビルの法則の買いシグナルに該当します。

 

 

(1年・日足)

f:id:yasokfw:20160819220416p:plain

不正会計問題があり、最低値2月12日に最安値155円を記録していますが、それ以降はアップトレンドにあることが見てとれます。ただし、200日移動平均線は依然下落トレンドにあり、大きなアップトレンドにはまだ乗れていないといえるでしょう。

 

 

(5年・週足)

f:id:yasokfw:20160819215950p:plain

 5年間のチャートを見てみると、300円台のラインにかなりの力があるようです。今後300円台を超えていくと、株価上昇がかなり期待できるのではないでしょうか。逆に、300円台が肥えられないと、株価は停滞してしまうでしょう。現在時点での株価は301.1円。300円台のところでとどまっていますが、今が正念場なので、これが抜けたらかなり買いシグナルが出ていると判断しても良いかもしれません。

 

さて、短い分析でしたがお役に立つといいです。

では。