読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

死期報買いました

四季報買いました。

株初心者なので、どのように読めばいいかもまだ勉強中ですが、先頭から読み始めて500Pほど読み進めました。

四季報自体、この企業を調べようと思って辞書代わりに使うには情報が足らなさすぎると思いますし(インターネットで公表されている情報のほうが多い)、パッと見で銘柄の良し悪しを判断するには少し情報量が多いように感じますが、上場企業の一覧が乗っている本としてはかなり使い勝手が良いように思えます。被ることなく全ての企業を網羅できているという点で。

 

 

とりあえず感じた事メモ

◇現預金の水準は重要だけれども十分すぎるほど持っていると株価に対する影響が少なくなる

→株式は基本的に企業が継続することを前提に市場で評価されており、破綻した場合に残る資金が多くともそれ自体(清算価値)はあまり評価されていないということなのか。ただし、現預金を十分に持っている企業は配当の継続性は高くなるので、その観点からは株価への影響はある程度あるように思われる。

 

◇成長性はかなり重要なファクタ-。現預金に対する負債に対する割合が多すぎると成長性が高くとも株価はあまり高くならない傾向にある

→倒産の危険性や配当の継続性を考慮したものか

 

◇意外と割安と思えるものがある(とりあえずリストアップしてこれから詳細に調べます)

→悪材料があるのか、誰も見つけられていない株なのか

 

◇逆にやけに割高と思えるものがある

→好材料でもあるのか、あるいはバブルなのか

 

◇ボラティリティの高い銘柄ほど株価がやや高く見積もられる傾向がある

→投機的取引の対象になっている?

 

◇土地・建物を自ら保有or建設する会社はやけにPERが低い

→市場がバブルを恐れている?崩壊すると突然売れなくなりますから当然だと思いますがこれが割安なのかどうかは判断を迷います

 

読むのにやたら時間がかかりますし、四季報購入は年一でいいんじゃないかなと感じています(専業投資家になるなら別ですが)。買うタイミングは6月が良さそうですね。というのも6月に発売される四季報には最も日本の会社の決算が多い3月に決算を行う会社の最新の財務情報が載っているからです。それを見て判断したほうが投資効率は良さそうです。ということで次回からは6月に発売される四季報を買いたいと思います。

 

にしてもこの一冊に日本の上場企業の情報が詰まっていると考えるとかなりお買い得だと思います。皆さんもぜひ買ってみましょう。気になる企業があれば索引で調べることもできますし良いですよ。

 

さて、これでいい銘柄が見つかるといいのですが・・・。

今日はここらへんで。