読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

ブラック企業をなくしたいならまず消費者である自分自身が変わるべき

考えたこと

ここのところ電通の過大請求・過労死事件、PCデポの高齢者ぼったくり事件とか、東証一部に上場している企業の不祥事がネット上で騒がれていますね。もちろん、注目を浴びているからこそ、これだけ不祥事が拡散されるのでしょう。普通の中小企業であればここまで注目を浴びないでしょう。そういった意味で、東証一部に上場している大企業は比較的コンプライアンスには気を使っているはずです。それにもかかわらず、この始末ということはその他の企業はもっとひどいことになっているのではないかと思わざるを得ませんね・・・。

 

私も企業勤めなので、理不尽なことで憤りを覚えることもあります。理不尽なことが起きるかというと、往々にして客至上主義が原因となっています。客のいうことに最大限努力して頑張る姿勢を見せる。すごく重要なことだとは思います。ただ、それが行き過ぎていると思うのです。

客のいうことが絶対で、客から要望されたことを会社の組織として応えようとするあまり、従業員に必要のないハードワークをする羽目になり、従業員は意欲も、生産性も、そして希望さえも失っていっているのが今の日本の会社の現状なのではないでしょうか。もちろん私個人の個別具体的な感情も入っているのですが必要のないハードワークって往々にして顧客の意味不明な要望から生み出されます。・・・書くにつれてイライラしてきました…。

 

さて、これを変えていくべきなのか否かは別の議論として、本題に入りましょうか。

 

東証一部に上場している企業はすべて株式会社です。

 

株式会社はその企業の株式にお金を出した人(出資者)をメンバーとする団体です。株主は最初にお金を拠出し、その資金によって会社は生産設備を購入したり、労働者を雇います。実際に購入したり、雇用する主体は株式会社ですが、そのための資金を最初に拠出するのは株主です。そういう意味で間接的に企業が保有している資産は株主の所有物といえるでしょう。したがって、第一義的には企業は株主のために行動するべきです。そして、株主が何を求めるかというと、株式の価値の上昇です。株式の価値が上昇するためには会社自体の事業価値が上昇する必要がありますが、株式の価値は会社の利益(現在・将来)と強い相関関係があります。では、どうすれば会社の利益は上がるのでしょうか。

 

消費者により多くの生産物を購入してもらうことで企業は利益を上げます。

逆にいうと、消費者がブラック企業の生産物を購入しなければ会社の利益を上げない(下げる)ことができます。

すると株主の利益は減少します。株主は利益に対して敏感です。個人株主であれば売却して手じまいするかもしれませんが、ある程度の大株主であれば、経営体制を変更するため株主総会にて役員の解任に関する決議を取るはずです。また、役員の報酬についても企業の利益が減少することにより減少圧力がかかります(これについても株主総会の決議事項)。つまり、消費者→株主→役員と働きかけることにより経営体制を改善することができます。

その過程では更なる従業員への締め付けや解雇等もあるでしょう。しかし、ブラック企業がのさばってより多くの人が犠牲になるよりも、被害を抑えることができるではないでしょうか。消費者はブラック企業の生産物を購入しないことによって間接的にではありますが、ブラック企業を排除することができます。

 

日本は良かれ悪かれ顧客至上主義の国です。消費者の力はかなり強いといえるでしょう。改革は力の強いものが行わなければ実効性を持ちません。まずは力を持っている消費者として自分自身の意識を変えてより良い社会を作るための消費をしていくのはどうでしょうか。

 

では今日はここらへんで。