読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

シンプロメンテ(6086)

会社分析

シンプロメンテ(6086)の会社分析

 

【企業概要】
設立:1999/10
上場:2013/12
・店舗厨房設備の維持保全のためのメンテナンス事業
・外食のほか美容・介護における顧客店舗数が増加

(参考データ)
2013/2→2014/2→2015/2→2016/2(単位:百万円)
(売上高)2,874→3,674→4,307→4,936
(売上総利益)683→834→899→1,084
(営業利益)101→185→104→211
(経常利益)102→178→105→211

2015/2→2016/2(単位:1店舗)
(サービス店舗数・外食)18,404→19,229
(サービス店舗数・小売)5,839→5,932
(サービス店舗数・美容)728→986
(サービス店舗数・その他)26→68
(サービス店舗数・合計)24,997→26,215
(対応依頼数)6498→6750
(メンテキーパー数)4,742→5,054

(業界規模・単位:百万円)
外食売上17,000,000×売上高に占める修理コスト割合約1%=170,000

(業界シェア・単位:百万円)
売上高4,936/業界規模170,000=2.9%程度か?

成長余地はあるか。

(強み)
店舗・厨房のメンテナンスについては日々生じる費用であり、景気に左右されづらい。顧客企業とメンテキーパーの仲介をし、顧客企業に対しては管理業務・経理業務の代行のメリットを提供し、メンテキーパー側には売上強化・売掛回収機能を提供している。

(弱み)
メンテキーパーとしての事業者が仮に管理業務・経理業務の機能を備えたら中抜きをされる可能性がある。