読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はたらく投資家

サラリーマン生活に疲れきっている投資家が奮闘する日記(ポロリはないよ)

自由に働きたい

その他

自由に働きたいです。

 

サラリーマンである以上、法律の他に社内の手続及び規則に準拠して働かなければなりません。これには良い面も悪い面もあって一概に切り捨てればいいとは思わないのですが、私には合っていないなと思うことがよくあります。

 

昔から人と同じやり方を強制されるのは嫌いでした。

 

細かい書類なんか、まったく書き方なんてわからないし文章も読みたくないです。

同じやり方を強制されるのは教える方の効率化でしかないし、細かい書類も作成者側のリスク回避・責任転嫁でしかない。

 

考えると腹が立ってくる。なんで、こいつらのリスクを俺が引き受けねばならないんだとも思えてきます。

サラリーマンの良い面と悪い面を考えてみましょう。

サラリーマンを辞めるのであれば、ニートになるか、自営業になるかの選択肢がありますが、ニートの良い面・悪い面は自明ですし、自営業の良い面と悪い面もあると思いますが、結局どんな自営業者になるかによってそれは異なるのでいまは自分が経験しているサラリーマンの良い面と悪い面だけを考えていきます。

 

(サラリーマンの良い面)

・毎月同じ時期にほぼ一定の給料が入ってくる

・成果をあげなくても給料がもらえる

・勤務時間が決められている(余暇の時間は仕事のことを考えずに過ごせる)

・お金がかかる大規模な仕事ができる

・人と強制的にコミュニケーションできる

 

(サラリーマンの悪い面)
・会社のリスクを負うことを実行するには一定の手続きが必要
・勤務時間が決められている
・勤務場所が決まっている
・やりたくない仕事をやらなくてはならない
・嫌な人とも協力して仕事をしなければならない
 
こんなもんですかね?
パッと挙げただけなので、もっとあると思いますが正直、私からしてみるとサラリーマンの良い面ってそこまで良いって言えるものでもないです。
良い面で魅力的なのは毎月一定の時期に給料が入ってくるのぐらいですかね。
そのほか成果をあげなくても給料がもらえるってつらいですよ。自分が糞みたいに使えない状態で給料だけもらうって私は無理です。勤務時間が決められているのも苦痛ですし、大規模な仕事がしたいわけでもない、人とコミュニケーションがしたいわけでもありません。
一方で悪い面は本当に嫌なことばかりです。手続きは面倒だし、勤務時間を勝手に決められたくない市、自由に働きたいし、やりたくない仕事はやりたくない市、嫌な人とは関わりたくないです。
 
仕事を発注する側(顧客側)から見ると、仕事をする人がサラリーマン的な仕事のやり方をする方がメリットがあるのかもしれません。営業時間が決まっているほうがいいし、場所が決まっているほうがいい。多少面倒なことを言っても対応してくれるし、自分がどんな人であろうと一定のサービスは受けることができる。
 
日本は海外と比べ比較的顧客側が強いといわれます。
これが働きづらさを生み出しているんじゃないかなと思います。
私も働き始めてから、糞みたいに嫌いな人がウヨウヨできました。
 
そんなもんですよねサラリーマンって
。嫌いだったら関わらなければいいっていうのはできない。
嫌いな人にかかわらないそんな仕事がしたいです。