上場企業分析

上場企業目標株価を掲載

分析手法

企業分析手法

企業の分析には様々な手法があります。財務的な指標を用いる方法、ファンダメンタルズを元に分析する方法、顧客の評判や従業員の評判など定性的な情報から分析する手法・・・などなど。どのような分析手法が正解なのかは一概には言えませんが、自分が得意とする分析手法を身に着けることが大切です。ここでは、いろいろな分析手法を紹介していきます。

 

定量分析

安全性分析

流動比率

当座比率

自己資本比率

借入依存度

デッド・エクイティ・レシオ

デッド・キャパシティ・レシオ

固定比率

固定長期適合率

 

 

収益性分析

総資本経常利益率

自己資本利益率

ROE(return on equity)

売上高総利益率

売上高営業利益率

売上高経常利益率

売上高当期純利益率

総資本回転率

財務レバレッジ(自己資本乗数)

売上債権回転率

固定資産回転率

現預金回転率

棚卸資産回転率

商品(製品)回転率

仕掛品回転率

原材料回転率

経常収支比率

ROA(return on assets)

営業CFマージン

総資本営業CF

設備投資対営業CF比率

営業CF純利益率

 

売上勘定比率

買入債務対棚卸資産比率

買入債務回転期間

EBITDA

 

 

その他分析

垂直分析

水平分析

 

定性分析

事業内容

社歴

経営者

業界動向

業界内比較

 

 

業種別特色

企業の分析をしていくと、業種別の「特色」に気づくことがあると思います。業績の変動が激しい業種がある一方で、世間が好況でも不況でも業績がそこまで変動しない企業もあります。なぜなのかを調べていくと面白い発見があるかもしれません。ここでは、業種別の特色について紹介していきます。