はたらく投資家

資産運用にまつわる話を投稿していくブログ(最近FXで月40万円稼げるようになりました!!)

小型株投資で億万長者を目指そう!

株式投資って買って売るだけなんですが考え出すと奥が深いです。

・何の業種がいいの?

・買うタイミングは?

・どのぐらいの金額がいいの?

・・・等々

 

考えれば考えるほど面倒くさくなって、適当な自分の知っている銘柄を買って放置

こんなことやっている方はやっているんじゃないでしょうか。

 

いろいろ考える前に一つ知っておいてもらいたいことがあります。

これを知ると億万長者への道が一気に近づくはずです。

 

それが「小型株効果」です。

これを知っていると知らないとではかなりパフォーマンスに違いが出てくるはずです。

 

「小型株効果」と検索するとでてくる三井住友信託銀行(旧住友信託銀行)の方が書いたPDFなのですが、なるほどな、と感心させられる調査を行っていたので紹介します。

 

2006okada.pdf

小型株効果と企業規模

-割安株効果との新たな関係-

 

 

 調査では、大まかに2つに分けて調査しています。

・資本・売上・時価総額それぞれを大きさ順に10個に分けた場合

・資本・売上・時価総額それぞれを大きさ順に5個に分け、それぞれの別の指標で更に5個に分けた場合

 

大きさ順に10個に分けた場合

f:id:yasokfw:20181010215644p:plain

 

・時価総額にを大きさ順に分けたものが特に小型株のパフォーマンスが良かった

・資本・売上の規模別分類でも小型株効果は見込めないことはない

 

ことが読み取れますね

 

資本・売上・時価総額それぞれを大きさ順に5個に分け、さらに別の指標で5個に分けた場合

 時価総額順で5個に分け、さらに売上、資本順で5個に分けた場合

f:id:yasokfw:20181010220428p:plain

 

・時価総額が同程度であれば、大型株(売上・資本が大きいもの)ほどパフォーマンスが良い傾向がある

 

ことが読み取れますね

 

売上・資本により5個に分け、さらにそれぞれを時価総額により5個に分けた場合

f:id:yasokfw:20181010221034p:plain

 

・売上・資本が同程度であれば、小型株(時価総額がより小さいもの)パフォーマンスが良くなる傾向がある

 

 ことが読み取れますね

 

まとめ

今見てきたことをまとめると、

・時価総額が低い企業の株のパフォーマンスが良い

・時価総額が同程度であれば売上・資本が大きい企業の株のパフォーマンスが良い

・売上・資本が大きい起業でも時価総額が小さければ「小型株効果」が享受できる

 

売上・資本・時価総額など複合的な条件を設定し、スクリーニングをかけるはいいと思います。

 

一方で、複雑な設定にしすぎると株を探すのが面倒になるので効果の高い時価総額のみのスクリーニングをかけるのもありですね。

 

ただ、時価総額が低い起業は債務超過であるとか問題のある企業もあります。

 

時価総額でスクリーニングをかけたうえで企業の分析をするというのが一つの効率のいい株の探し方になりそうです。